--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/05/09

ブログ引っ越します

いつもブログを見ていただいてありがとうございます。

ブログ、下記アドレスに引っ越します。
http://ameblo.jp/ariar/

これまで同じことを両方に書いてましたが、ひとつにまとめることにしました。
これからもブログを見ていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします!

スポンサーサイト
未分類
2012/04/30

新しくブログ始めました

職場のオフィシャルブログでイラストを描き始めました。
1回目のページはこちら→ http://ameblo.jp/splash-kobe/entry-11229920952.html

これからときどき更新しますので、覗いてみて下さいね。
未分類
2012/04/16

「チャクラ」

「魔法の言葉」というテーマでイラストを描かせていただいています。

61.jpg
ここにもウサギとリス!


8.jpg
また髪切りたいなぁ。




71.jpg
シャンデリアって絵になりますね。




12_20120416212553.jpg
このモデルは会社の先輩です。


今本屋さんで発売中の占いの雑誌です。
他のイラストもありますのでぜひ見て下さい!

未分類
2012/04/16

「ゆうゆう」5月号

2_20120416214109.jpg




本データ11
春真っ盛りですね。
三ノ宮駅前の花壇が本当にきれいで通るたび嬉しくなります。



未分類
2012/04/16

「豊かな森川海」会報誌春号 表紙絵

表紙絵(動物)

神戸は海と山と街がギュッと詰まってて
いろんな生き物が住んでいます。
今回は、ウサギとリスと蝶々2匹を絵に入れてみました。




未分類
2012/04/16

「nico」4月号

2.jpg
指を動かすだけの簡単健康法。



3.jpg
仕事の合間でもできますね。




4.jpg




未分類
2012/04/16

「すてきな奥さん」5月号

今発売中の「すてきな奥さん」5月号でイラストを載せていただいてます。
6.jpg
「汚い部屋ではお金が逃げる!」というテーマ。



5.jpg
トイレ掃除も大切。



7.jpg
キャンドルを灯すと、時間の流れが変わる気がします。



本データ2
他に間取り図なども描いてますので、ぜひ見てみて下さいね!





未分類
2012/03/24

「海の底」有川浩

img264-4.jpg

有川浩さんの自衛隊3部作。
これは海上自衛隊の話。

潜水艦に避難した中学生の心の揺れが印象的でした。
裸の王様が裸だと気付く瞬間のような。
恥ずかしさや痛みとともに成長するんですね。

話はまたすごい設定。巨大エビと自衛隊が闘うのです。
昨年行った富士総合火力演習の様子を思い出しながら読みました。





未分類
2012/03/22

「空の中」有川浩

img263-4.jpg

有川浩さんの自衛隊3部作のひとつで、これは航空自衛隊の話。

空飛ぶ未確認生物を少年が見つけたことから物語は始まります。
突飛な設定で世の中はまた大変なことになるのですが
二つの恋が爽やかで、最後ちょっと含み笑いをしてしまうような作品です。






未分類
2012/03/19

「塩の街」有川浩

img262-4.jpg

有川浩さんの自衛隊3部作のひとつ。
これは陸上自衛隊員が主人公です。

ある日、街中の人が塩になって固まるというフィクション。
政治、経済、物流が混乱して便利な生活が一変する様子は
東北の震災後と重なります。

人の生活はこれまでどんどん発展してきて
これからますます子供の頃思い描いた未来に近づいていくようだけど
何かのきっかけで、生きることだけに必死な人の原点に戻るのかもしれないなぁ。
こうして普通に笑ったり食べたり絵を描いたりできる今日は
いつかの時代の人から見るとすごく幸せな1日なんだなぁ、と
そんなことを考えました。



未分類
2012/03/17

「暮しと健康」4月号

img256-4.jpg

今月号から「生と死を考える」というシリーズの
イラストを描くことになりました。

重たいテーマにそっと寄り添うようなイラストが描けたらいいなぁ。







未分類
2012/03/15

「ゆうゆう」4月号

img261-4.jpg

今月号はいつもの読者のページの他にも
小さなカットをいくつか載せていただきました。

ページをめくると「ここにも!」というのがなんだか嬉しいです。





未分類
2012/03/13

ニコ3月号

img258-4_20120313230701.jpg
「ニコ」という雑誌は歯医者さんの待合室などに置いている専門誌。
ストレッチのページを毎月描かせていただくことになってこれで3回目です。

これなら座ったままで簡単にできますね。
大胸筋に効くらしい。



未分類
2012/03/02

「ガール」奥田英朗

img223-4.jpg

30代の女性を主人公にした短編集。

「日本人はこうでしょう」と外国人に断定されると
確かに当てはまるけど、それだけじゃないのになぁと思います。
その「日本人」を「30代女性」に替えたような読後感。







未分類
2012/02/28

「すれ違う背中を」乃南アサ

img225-4.jpg

「いつか陽のあたる場所で」の続編。
主人公の姿は痛々しくもあり、もどかしくもあり。






未分類
2012/02/25

「いつか陽のあたる場所で」乃南アサ

img180-4.jpg

前科のある女性2人の話。
家族に縁を切られるのは悲しいけど
切る家族もまた悲しいのだと思うと切ない。

「ボクの町」「駆け込み交番」でおなじみのおまわりさんが登場します。
そこだけちょっとホッとするシーン。




未分類
2012/02/23

「駆け込み交番」乃南アサ

img204-4.jpg
「ボクの町」の続編。
見習いだった主人公がちゃんと巡査になってます。

この町に住む「とどろきセブン」は
警察官を掌で転がすかっこいいお年寄り集団。
こんなふうに年を重ねられたらいいなぁ。






未分類
2012/02/19

「ボクの町」乃南アサ

img203-4.jpg
巡査見習いの主人公が失敗を繰り返し不満を抱えながら成長していく話。
笑いながら読めるけど
交番に立つおまわりさんをねぎらいたくなります。

イラストに描いた建物は、元町にあるかわいい交番。






未分類
2012/02/15

「看守眼」横山秀夫

img188-4.jpg

真面目な人でも少しの弱さやズルさで道を誤ることがあります。
わかるわかる、でも危ないなぁ、と思いながら読みました。

横山秀夫さんの作品は事件を解く楽しみと
新聞社を社会見学してるような楽しみがあって大好き。
新作が出るといいなぁ。

未分類
2012/02/14

もっとのりのりチョコレート

チヨコ

バレンタインですね。
神戸ではこんなチョコレートが売られています。
「神戸 須磨 もっとのりのりチヨコ」!!
前回の「のりのりチヨコ」に引き続き第2弾。
クランチ板チョコに海苔が重なって不思議なおいしさです。
今回もイラストを担当させていただきました。

このチョコレートの詳細と販売店リストはこちら↓
http://www.sumap.net/SumaGoods/chiyoko.html
未分類
2012/02/11

「臨場」横山秀夫

img202-4.jpg

鑑識官の話。
容赦はないけど情のある主人公です。
横山秀夫さんの書く警察官はズンと深みがあってかっこいい。





未分類
2012/02/07

「第三の時効」横山秀夫

img186-4.jpg

警察官と新聞記者がたくさん出てきます。
作者自身が新聞記者だったので、言葉の端々までリアルでおもしろい。

プライドとか使命感とかいろんなものを背負った強くて弱い人たち。
登場人物がとにかく魅力的です。
このイラストは一番印象に残ったシーン。




未分類
2012/02/04

「十角館の殺人」綾辻行人

img185-4.jpg

「館シリーズ」の第1作目。
アガサ・クリスティ「そして誰もいなくなった」に倣った作品です。
すごいすごい!と読み終わっても興奮が覚めないくらい衝撃的。

作者が読者に「解いてみ」と挑発してるような
そして「してやったり」とほくそ笑んでるような
そんな感じがします。









未分類
2012/02/03

「そして誰もいなくなった」アガサ・クリスティ

img184-4.jpg

高校生の時、初めて読んだ本格ミステリー。
それまで本はまじめに読むものだと思ってたので
本の中にこんなおもしろい世界があったのか!と大きな発見でした。








未分類
2012/02/01

創刊号!

会報

「豊かな森川海を育てる会」の会報誌の表紙絵を描くことになりました。
これが創刊号。これから3ヶ月に1度のペースで発行されます。





ロゴ本データ完成

ロゴマークもつくりました。
初めて作るロゴマークに悪戦苦闘したけど
できると嬉しいものです。





未分類
2012/01/30

「神戸殺人事件」内田康夫

img183-4.jpg

よく2時間サスペンスでやってる「浅見光彦シリーズ」。
うちの社長が貸してくれた本です。

ハイカラ神戸が書かれるかと思ったけど
ブラックな神戸が全面に出てました。
私はいつも仕事で神戸のいいところばかり紹介してるから
そうそう、闇を持つ街だったと再確認。

それにしても浅見さんは日本全国で事件を解いて
その度に美女と出会うけど
やっぱりうまくいかないんですね。

未分類
2012/01/26

「還るべき場所」笹本稜平

img192- 4

雪山冒険小説。
命懸けの登山で手に汗握ります。
会社の会長さんのセリフが奥深くて
いくつかメモに書き留めました。
いつか迷ったときに役立ちそうです。





未分類
2012/01/22

「西の魔女が死んだ」梨木香歩

img181-4.jpg

豊かな心を伝えるおばあちゃんがいて
受け取る孫がいて
こうして繋がっていけたら素敵ですね。
ハーブが印象的で爽やかな作品。

私の祖母は亡くなる前、いろんな記憶がこぼれてしまっても
「ありがとう」と笑顔は忘れませんでした。
それって、すごく優しい教えだったような気がします。




未分類
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。